カテゴリ:日々徒然( 5 )

こどもたち



声が響く 
声が響く
あかるい未来に

新たな創造のはじまり
美しき創造のはじまり

笑顔が響く
笑顔が響く
あかるい未来に

地球に生まれし喜びを
地球と共に歩む喜びを

宇宙(そら)を見上げ
海の響きに耳をすまし
山の鼓動にこころ踊らす

未来よ
ありがとう
未来よ
ありがとう

この大切な宇宙が・・・
地球が・・・
いつまでも、
いつまでも
美しくゆたかに栄え
あまねくある愛で
満たされますように

子どもたちの笑い声が・・・
子どもたちの笑顔が・・・
いつまでも絶えることなく響きます。

こどもの日に寄せて

[PR]

by chiba-sbm-salon | 2014-05-05 10:37 | 日々徒然

フレ~~フレ~~~大芦高原再建プロジェクト

千葉サロンでも販売しているせいじつ野菜でおなじみの美人姉妹のお姉さん・・・
サエちゃんこと飯島佐江子さんが若い仲間を募って再建プロジトを立ち上げました。
若くして女社長(*^_^*)
私も明るくてシンプルでストレートなサエちゃんが大好きです。
そんなサエちゃんが(サエちゃんと言うより佐江さんかな?)
楽しみながら創りあげるプロジェクト・・・
まずは、下記、四国サロン小野真子さんのブログをごらんあれ(*^_^*)
そして共感された方はぜひ再建プロジェクトに参加して下さいね。

puroject.exblog.jpブログ 
街から高原へ 個人から仲間へ 再建プロジェクトが始動!
『元・大芦高原ホテルの再建プロジェクト』


岡山県美作市英田地区は、標高500メートルにある高原地帯で、古くから『大芦高原』と呼ばれて、親しまれてきました。春先には、雲海が出現して、幻想的な風景が現れます。

大芦高原には、キャンプ場をはじめ、ゴルフ場や体育館、温泉など、近隣の方たちの憩いのスポットが集合しています。その中心部に、30年前のバブル全盛期に建設された『大芦高原ホテル』があります。ホテルとしての営業は10年ほどで、ここ20年ほどは休業状態。建物は老朽化して荒れ果て、廃墟の様相をみせています。

2013年2月、この老朽化して廃墟同然のホテルをよみがえらせるために、有志による『元・大芦高原ホテルの再建プロジェクト』が始動しました。再建のプロジェクトリーダは、20歳代の女性社長。リフォーム会社・誠実社の飯島佐江子さんです。彼女は、若者ボランティアを中心にして、廃墟同然の建物を修復していきます。建物を修復後には、以前と同じホテルとしてではなく、多くの世代を超えた人間が、交流できる多目的施設として運営していく予定です。

ただ見ているだけではなく、あなたも参加することができる。それが『元・大芦高原ホテルの再建プロジェクト』なのです。今後、このブログでは建物再建に参加して、一緒に汗を流してくれるボランティアを募集する予定です。
※このブログは、これらの建物の再建の軌跡を記録し、皆様に公開する目的で作られました。
  
      
『元・大芦高原再建プロジェクトチーム』 
               小野 真子


つづきは、ぜひブログを訪れてくださいね
YouTubu画像で第1回の再建ホテル訪問記録も観られます。
サエちゃんってどんな人?
まずは、画像を観て♪観て♪くださいませ(*^_^*)




[PR]

by chiba-sbm-salon | 2013-04-08 15:00 | 日々徒然

ちきゅうのうた

先月(1月27日)に出雲大社のみかぐら奉納に参加させていただきました。
雪の降りしきる出雲大社の山々が今でも目に焼き付いて思い出されます。
その後、何日かにわたってうたが届いていましたのでお届けいたします。

a0243953_15173637.jpg


2013 1月28日(サンライズ列車の中で)


みはてぬ よのゆめ ようやくかない(せ)し
わがうつしみのよ あらわれり


ようようと あけるしらなみ
わがみ よにせし うつしせしまに?


2013.1月28日(家にて)

お~~~~~~
お~~~~~~
おおやしろ

お~~~~~~
お~~~~~~
おおやしろ

もののべ
もののべ

はるかなあ~~~~~
ちよりむかえ(い)でし~~~~~
これよりさきは~~~~~
ひとのみち

あかるき よに
みちびきあれ~~~~~~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この良き日
きよき ゆきにて 
よろこび しめさん

この良き日
いわいののりと
ささげからまし

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いちのみや にのみやたって 
さんのみや

2013 2月14日

まいづるに~~ おりし つるのつきかげの~~
   このよにあらじ はるのゆめ

かめおかに ねむりしヒメの いでたちは 
なくこもだまる くしきものなり


まつかぜの~~~~~~
たえてまちては ながきよに
こころもはずむ このよきヒなり

ヒメみこの まちてこのよの あけくるを
    みなともどもと いわいなん

まちわびて なくなくとじし もんありて
    いま ようやく あけにけり

みにおきて ふるえしたまの うつくしき 
   みごとなはな さかしたまいなん


2013 2月15日

いのちありて、ひかりのとびら 
    あけまし


2013年 2月18日

ヒメみこの すがたかたちは かえれども?(みえねども?)
     いくひさしゅう あい たちぬ

ヒメみこのたえて ながらえば???

ヒメみこのこころおきなく???


最後の方は、あまり良く判りませんでした。
[PR]

by chiba-sbm-salon | 2013-02-21 23:22 | 日々徒然

腰痛とスピリチャルエネルギー(2)


16日に、東京サロンでSBMの講習会があったので、その後に再度身体の調整をお願いしたところ最近、高橋さんが考えたシロセキ(フェイス用オイル)を使った方法で、調整してみようと言うことになりました。
やはりライトのように、順番にオイルを塗って行くのですが、神経系に働きかけるようです。
背面のポイント、ポイントに塗っていくにつれ、つまりが取れていろいろぬけて行きます。
後ろ全体が終わった頃に仙骨のあたりに何かマークのようなものが書かれているビジョンが浮かびましたがみたことのない記しみたいなもので何だろうと思っているとカゴメ紋に変わり籠神社のことが思い出され「カゴメ・カゴメのうた」」が頭に浮かびます。
そのことを、伝えると「カゴメのうたを歌うと良い」と言われ歌ったところ、咳込み、大泣きしました。
辛かった感情でした。
その後「天の橋立」を上から見ているビジョンになって、イザナギのことが思い出されました。ようやく落ち着いて今度は前の部分を順番に塗ってもらい始めると「これで解放される」という気持ちと共に海の波だつビジョンが見え背中にカゴメ紋の亀と青の玉が見えました。場所は二見ヶ浦の海のようでした。
手を施術して貰っている時は、亀の手のように感じ傷を癒されているようでした。
一応、全部塗り終わったところで、海の中にいる亀は、ひかりのさしているトンネルのような方に向かって泳いで行きました。

16日に、籠神社で奉納されたみかぐらや今精神界で起きていることと関係しているのか?
自分の小宇宙の物語なのか良く判りませんが、書きとめておきます。

腰痛はかなり良くなりましたが、まだ少し残っています。
この半月で、筋力がかなり弱っているので、ストレッチや歩くことなどで身体を慣らすようにアドバイスをもらいましたので、身体をいたわりながら様子を見ます。
今でも、気がつかないうちに身体を酷使していろいろなものを貯めこむ癖があります。
早めのケアーが大切だと今回はつくづく感じ、反省しています。

心配してくださった積さんをはじめ、相良さん、高橋さん本当にありがとうございました。
ずいぶん元気になりました。

今回のことで、SBM(ライトを含む)再認識・・・
SBMってすごいですね♪♪♪


[PR]

by chiba-sbm-salon | 2012-12-18 21:27 | 日々徒然

腰痛とスピリチャルエネルギー(1)

今月に入ってひどい腰痛になりました。
ちょうど、2日の日にライト療法治療会で相良さんが来ていたのでひかり鍼をしてもらい
その時は良くなったのですが、食事などで椅子に腰かけて立ち上がると「くの字」状態で腰が固まってしまい動けなくなります。
自分でSBMオイルを作り、意識を腰に合わせて上昇してみたところ

「長い年月をかけて、私はこの土地を守り続けてきました。
 このちの土地を守り、水を守り、何ゆえにこんな目に合わなくてはいけないのか?」
こんな、ことばが、頭に浮かびました。

しばらく、上昇をしていると

 はるのみやまのうつくしき
 やまざと うれし はるのゆめ
 ゆめ ゆめ みつる
 はるのゆめ
 はるらんまん の はなのよは
 みづ(ず) うるわしき くになりて
 こころひ(い)はずむ よになりて
 ゆめ ゆめ かたる
 はるのゆめ
 おとづれの はる よろこばしきなり 
  (2012,12.3)

とことばがありこれでぬけたかなと思ったのですが、朝にはまた、くの字状態になってしまいました。
1日様子を見ていたのですが、背骨をまっすぐにして、しばらく寝るとだいぶ良くなり立てるようになるのですが、パソコンをしたり食事をしたりしばらく座っていると、また、くの字状態になり、5日の日にSBMを受けに東京サロンにお伺いすることにしました。
当日さらに悪くなり、結局、高橋さんに出張していただくことになりました。
ここのところ母も歳をとり、腰が痛くても最低限の家事はしなくてはならずなかなか
ゆっくり休む時間が取れず、気持ちはいらつくばかりでしたが、高橋さんが来る前に
時間を取って浄化上昇をしてみたところ

はる ヒの やまやま
うつくしく
かすみたつらん みやまのさとは 
はる ヒのみやの 
たつところなりけり

ヒのみやのヒメ
(2012.12.5)

とことばがありました。

その後、夕方になってSBMを受けたところ、
パート先での人の問題や、最近の母や弟へのイライラ感の問題が浮上してきてもっと素直に接することを考えさせられたのでした。
その後、続けてトリートメントを受けていると、また、頭の中に 
「みやまのさとのうつくしく・・・みやまのさとのうつくしく・・・みやまのさとのうつくしく」とことばがリフレンするのと16日の籠神社に行ってほしいような想いが伝わってきました。高橋さんに伝えたところそのことを受け入れて下さいと言われ(ことばにすることを)受け入れたところ

みやまのさとのうつくしく
うつくしき、やまざと
こいしかるらん

どうぞ、この美しきやまざとをお守りください

と言うメッセージが伝わり、
この日本を地球をを汚してしまった私たちの罪をお詫びし、精神学協会のみなさんとともにこの美しいやまざとを守っていくことを伝えたところで終わりました。

腰は、かなりは軽くなり身体が冷えているので温めることと身体をいたわることをアドバイスされ食事も気をつけたのでかなり楽になったのですがやはり芯のところは、残っていました。
せきさんにも、連絡を取って状況を説明したところ、お腹にたまっているのは「怒りのエネルギーだよ」「ブログに書いて出力しないと」とアドバイスをいただいたのですが、
パソコンの前に座ると腰が痛み、結局3日間かけずじまいでした。
籠神社にも行くことをぎりぎりまで考えていたのですが、結局今回は断念しました。

 (2)に続く

[PR]

by chiba-sbm-salon | 2012-12-17 14:43 | 日々徒然