<   2012年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

8月のかぜ

昨日は、ライト治療会と放射能対策の勉強会が行われました。
参加して下さったみなさま、そしてサポートをしてくださったみなさま
本当に、ありがとうございました。
はじめての勉強会の開催で、手間取ることやら至らぬことなど多々あったのですが
みなさまのお陰で、無事に終わることが出来ました。
ハリポンさんには、朝から治療会・勉強会・治療会とフル回転で働いていただきました。
「お疲れさまで~~す。」
治療会でも、勉強会でも帰りがけのみなさんの笑顔が嬉しい1日でした♪

勉強会風景

a0243953_1214742.jpg

a0243953_1291120.jpg


今、ホッと一息ついてブロブに向かっていると、おだやかな風が通りぬけて行きます。

振り返ると8月1日に入って、いろいろ手間取っていた公民館が、ある方の手助けで借りられ、
手続きを終えて帰った後に積さんよりオイルが届きました。

きれいにパッケージされた非売品のオイル・・・さわやかな励ましのかぜでした。

今回も、沢山の方々に支えられ、ときどき吹いてくる風を感じ、
今までより少し豊かになった私がいます。

かぜよ
かぜよ
ありがとう♪

8月のかぜは、何事もなかったように通り過ぎて行きます。
みなさん、次回も楽しみにしていてくださいね

[PR]

by chiba-sbm-salon | 2012-08-20 12:01 | ライト療法

「核の傷」・・・この映画もおすすめです。

日は、長崎原爆の日でした。
報道が、オリンピックに押されぎみの感はありますが、平和の祈りが届きますように・・・

先日、市内の上映会のポスターを見つけたので、東京サロンのお二人を
お誘いして「核の傷」(肥田舜太郎と内部被曝)上映会に行ってきました。
後半は、「311以降を生きる」という肥田舜太郎医師講演会の記録の
上映もあり,あらためて、日米政府によって隠されて来た様々な事実を
知ることができます。
そして、肥田医師の語られることばのひとつひとつが、95年間生きて来た
いのちそのもののように感じられる映画です。

上映会で販売されていた「311以降を生きるためのハンドブック」の最後に
肥田舜太郎医師による311以降を生きるための7カ条が記されていました。
                                                    
1.内部被曝は避けられないと腹を決める
2.生まれもった免疫力を保つ努力をする
3.いちばん大事なのは、早寝、早起き
4.毎日3回、規則正しく食事をする
5.腸から栄養が吸収されるよう、良く噛んで食べる
6.身体に悪いと言われていることはやらない
7.あなたの命は世界でたったひとつの大事な命
     自分を大切に生きる

もはや日本に安全な場所がなくなってしまった今・・・・
 「自分が、自分の命の主人公になって親からもらった免疫の力を守り
ひたすら健康に生きるよう、必死に努力することです」 

と30年間、被爆者の医師として被曝の後遺症にならず長生き出来る方法を
考え指導してきた肥田医師の結論としてのことばが心に響きます。

未来をつなぐ子どもたちがより良い環境で育まれるよう大人の私たちは必死に
努力しなくてはいけないということですね。


内部被曝対策勉強会に是非いらしてくださ~い
[PR]

by chiba-sbm-salon | 2012-08-09 17:58 | おでかけ

♪ライト療法治療会と内部被曝対策勉強会のお知らせ♪

  ♪♪ライト療法治療会♪♪ 
             

 日時  8月19日(日)
     10:30~(途中勉強会開催)
 場所  SBM千葉サロン
 料金  ¥10.000
     要予約


夏・まっ盛りの8月が始まりました♪
毎日、暑い日が続いていますが如何お過ごしでしょうか?
お待ちかねのライト療法の治療会と内部被曝対策勉強会のお知らせです。
岡山サロンで始まった勉強会ですが、千葉サロンでも何とか開催したいと考えていた矢先に、SEKIConsecrated シリーズを手掛けている積氏よりご協力のうれしいお話しがあり、
無料の勉強会の開催になりました。
SBMに関わっている私たちは、Consecratedオイル使用のライト療法で異物(放射性物質)が軽減することを知るゆえに、沢山の方々にこの方法を届けたいと考えています。
ぜひ、この機会にお友達やご近所さんそしてお子様もお誘いの上お出かけくださいね。


♪♪未来をつなぐ 内部被曝対策勉強会♪♪
 

 
鼻血・粘膜の炎症、
下痢・吐き気、
のどの痛み・のどの渇き
咳、リンパの異常
風邪をひきやすい・風邪が長引く
異様に眠い・倦怠感の症状など出ていませんか? 


これらは、被曝の際の初期の症状ともいわれています。
3.11から1年半近く立ちますが、「内部被ばくを生き抜く」の映画を観て、無知でいることの
怖さとこれからの暮らしの大切さを考えさせられました。
私の周りでも、それらししい影響を受けている方々(特にお子様の影響)の声を
ずいぶん耳にしています。
症状が出ているということは、正しく免疫が働いているということと言えますが、その
免疫の力を落とさず、異物(放射性物質)を排泄する力を高める独自の方法を
開発されたライト治療院の相良先生をお招きして内部被曝対策の勉強会を開催いたします。

 
現状はどの様な状況か?
 
今後どのような症状が予測できるのか?

どのようにしたら、少しでも影響を減らすことができるのか? 


また、おうちでも、簡単に出来る被ばく対策(ライト療法)を相良先生が実際に指導して 
下さいます。その日からおうちでケアー出来るようオリジナル専用オイル小瓶の
プレゼントも用意させていただきました。
ぜひ、当日は、お子様もお連れになってお出かけください
  
    
日時   8月19日(日)
      15:10~16:40
場所   二和公民館 第2.3集会室
参加費  無料
定員   40名
連絡先  SBM千葉サロン 吉岡 清美
     047-440-2014
     

[PR]

by chiba-sbm-salon | 2012-08-01 13:24 | ライト療法