<   2012年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

腰痛とスピリチャルエネルギー(2)


16日に、東京サロンでSBMの講習会があったので、その後に再度身体の調整をお願いしたところ最近、高橋さんが考えたシロセキ(フェイス用オイル)を使った方法で、調整してみようと言うことになりました。
やはりライトのように、順番にオイルを塗って行くのですが、神経系に働きかけるようです。
背面のポイント、ポイントに塗っていくにつれ、つまりが取れていろいろぬけて行きます。
後ろ全体が終わった頃に仙骨のあたりに何かマークのようなものが書かれているビジョンが浮かびましたがみたことのない記しみたいなもので何だろうと思っているとカゴメ紋に変わり籠神社のことが思い出され「カゴメ・カゴメのうた」」が頭に浮かびます。
そのことを、伝えると「カゴメのうたを歌うと良い」と言われ歌ったところ、咳込み、大泣きしました。
辛かった感情でした。
その後「天の橋立」を上から見ているビジョンになって、イザナギのことが思い出されました。ようやく落ち着いて今度は前の部分を順番に塗ってもらい始めると「これで解放される」という気持ちと共に海の波だつビジョンが見え背中にカゴメ紋の亀と青の玉が見えました。場所は二見ヶ浦の海のようでした。
手を施術して貰っている時は、亀の手のように感じ傷を癒されているようでした。
一応、全部塗り終わったところで、海の中にいる亀は、ひかりのさしているトンネルのような方に向かって泳いで行きました。

16日に、籠神社で奉納されたみかぐらや今精神界で起きていることと関係しているのか?
自分の小宇宙の物語なのか良く判りませんが、書きとめておきます。

腰痛はかなり良くなりましたが、まだ少し残っています。
この半月で、筋力がかなり弱っているので、ストレッチや歩くことなどで身体を慣らすようにアドバイスをもらいましたので、身体をいたわりながら様子を見ます。
今でも、気がつかないうちに身体を酷使していろいろなものを貯めこむ癖があります。
早めのケアーが大切だと今回はつくづく感じ、反省しています。

心配してくださった積さんをはじめ、相良さん、高橋さん本当にありがとうございました。
ずいぶん元気になりました。

今回のことで、SBM(ライトを含む)再認識・・・
SBMってすごいですね♪♪♪


[PR]

by chiba-sbm-salon | 2012-12-18 21:27 | 日々徒然

腰痛とスピリチャルエネルギー(1)

今月に入ってひどい腰痛になりました。
ちょうど、2日の日にライト療法治療会で相良さんが来ていたのでひかり鍼をしてもらい
その時は良くなったのですが、食事などで椅子に腰かけて立ち上がると「くの字」状態で腰が固まってしまい動けなくなります。
自分でSBMオイルを作り、意識を腰に合わせて上昇してみたところ

「長い年月をかけて、私はこの土地を守り続けてきました。
 このちの土地を守り、水を守り、何ゆえにこんな目に合わなくてはいけないのか?」
こんな、ことばが、頭に浮かびました。

しばらく、上昇をしていると

 はるのみやまのうつくしき
 やまざと うれし はるのゆめ
 ゆめ ゆめ みつる
 はるのゆめ
 はるらんまん の はなのよは
 みづ(ず) うるわしき くになりて
 こころひ(い)はずむ よになりて
 ゆめ ゆめ かたる
 はるのゆめ
 おとづれの はる よろこばしきなり 
  (2012,12.3)

とことばがありこれでぬけたかなと思ったのですが、朝にはまた、くの字状態になってしまいました。
1日様子を見ていたのですが、背骨をまっすぐにして、しばらく寝るとだいぶ良くなり立てるようになるのですが、パソコンをしたり食事をしたりしばらく座っていると、また、くの字状態になり、5日の日にSBMを受けに東京サロンにお伺いすることにしました。
当日さらに悪くなり、結局、高橋さんに出張していただくことになりました。
ここのところ母も歳をとり、腰が痛くても最低限の家事はしなくてはならずなかなか
ゆっくり休む時間が取れず、気持ちはいらつくばかりでしたが、高橋さんが来る前に
時間を取って浄化上昇をしてみたところ

はる ヒの やまやま
うつくしく
かすみたつらん みやまのさとは 
はる ヒのみやの 
たつところなりけり

ヒのみやのヒメ
(2012.12.5)

とことばがありました。

その後、夕方になってSBMを受けたところ、
パート先での人の問題や、最近の母や弟へのイライラ感の問題が浮上してきてもっと素直に接することを考えさせられたのでした。
その後、続けてトリートメントを受けていると、また、頭の中に 
「みやまのさとのうつくしく・・・みやまのさとのうつくしく・・・みやまのさとのうつくしく」とことばがリフレンするのと16日の籠神社に行ってほしいような想いが伝わってきました。高橋さんに伝えたところそのことを受け入れて下さいと言われ(ことばにすることを)受け入れたところ

みやまのさとのうつくしく
うつくしき、やまざと
こいしかるらん

どうぞ、この美しきやまざとをお守りください

と言うメッセージが伝わり、
この日本を地球をを汚してしまった私たちの罪をお詫びし、精神学協会のみなさんとともにこの美しいやまざとを守っていくことを伝えたところで終わりました。

腰は、かなりは軽くなり身体が冷えているので温めることと身体をいたわることをアドバイスされ食事も気をつけたのでかなり楽になったのですがやはり芯のところは、残っていました。
せきさんにも、連絡を取って状況を説明したところ、お腹にたまっているのは「怒りのエネルギーだよ」「ブログに書いて出力しないと」とアドバイスをいただいたのですが、
パソコンの前に座ると腰が痛み、結局3日間かけずじまいでした。
籠神社にも行くことをぎりぎりまで考えていたのですが、結局今回は断念しました。

 (2)に続く

[PR]

by chiba-sbm-salon | 2012-12-17 14:43 | 日々徒然

大入り・満杯♪

「大入り・満杯???」
なんと、2日の日のライト療法勉強会の状況です。
SBM千葉サロンはおうちサロンですが、施術室下のそれほど広くない10畳ほど居間で、8人定員のライト療法の勉強会とライト療法治療会を定期的に行っています。
今回は、「簡易版ライト療法&子どもの被曝対策」と言うことでお母様方とほとんどの方がお二人のお子様づれで参加して下さいましたが、何しろ8人ぎりぎりの広さの上にお子さまが何と12人・・・・
他の部屋を勉強会中のお子様の遊び場に開放したもののハリポン先生もびっくり状態の中で勉強会がはじまりました。

今回は、被曝対策としてのSBMとライト療法ということで、放射能物質の蓄積が起こす
「ぶらぶら病」が東洋医学的にみると「心身症」そのものにあてはまり、カラダのストレスも心のストレスも同じように皮膚表面に凝りを作りそれを取り除くことが被曝対策になりえるというハリポン先生的見解の説明からスタート。
その後、簡易版の説明と実習。
各個人の対応ポインとチェック。
そして、メインのお子様の甲状腺のチェック。
質問会&ランチタイム。

こんな感じの流れでしたが、松戸方面のホットスポット地域からの参加のお母様や日々の食事からデトックスを心がけているお母様がたなど、子どもを守りたいというお母様方の心意気にハリポン先生の対応も気あいが入り12人のお子様もしっかり見て頂きました。

ランチタイムでも様々な質問が出て、時間も押せ、押せ、モード・・・
治療が始まっても、残った子さまとお母様同士のお話しに花が今回もが沢山咲きました。
「狭いながらも楽しき我が家」という古い歌がありましたが(古過ぎ?)
「狭いながらも楽しきサロン」ということで今回も皆さんニコニコとお開きになりました。
勉強会に参加して下さった皆さん♪治療会に来て下さったみなさん♪

 ありがとうございました♪。

次回も、楽しみに待っててくださいね。

そして、もう大活躍の相良先生(ハリポン先生)・・・
トータル約30人も診て頂いて本当にお疲れ様♪
今回も、皆さんに喜んでいただけたライトな1日でした。

 ありがとうございました♪


次回もよろしくお願いいたしますね(*^_^*)
[PR]

by chiba-sbm-salon | 2012-12-06 15:15 | ライト療法